やっぱりOCN光?料金の安さや速度の速さで光回線を選ぶなら!

光回線を契約する際、何を基準に選びますか?通信速度の速さ?それとも料金の安さ?

実は光回線はお住まいの建物のタイプによってそれぞれ最適な光回線は異なるため、当コラムでは戸建て(ホームタイプ)と集合住宅(マンションタイプ)の違いなどを比較しながら、おすすめの光回線は一体どこなのか?を検証していきます!

光回線の料金は建物のタイプによってどのくらい違う?

光回線の料金プランはお住まいの建物が「戸建て(ファミリータイプ)」またはマンションやアパートなどの「集合住宅(マンションタイプ)」かによって料金プランが決まります。

戸建ての場合は大体5,000円前後、集合住宅の場合は3,500円前後が相場となっており、下記の記事でもご紹介しましたが、光回線はスマホのキャリアにあわせて選ぶとスマホとのセット割引の適用でスマホの料金が割引されるため、ネットとスマホをまとめるとさらにお得になるためおすすめです◎

ですが最近は料金を安く抑えたい方は、スマホを3大キャリアから格安SIM・格安スマホへ乗り換えている方が増えてきています。

それでは、格安SIMに乗り換えるとどのくらい安くなるのか?

光回線と格安SIMの料金についても確認してみましょう。

料金を安くするなら光回線と格安SIMのセットがベスト?

光回線と格安SIMのセット割引があるプロバイダを比較!

ビッグローブ光とBIGLOBEモバイルのセット割引「光☆SIMセット割」の条件が6ギガ以上のプランとなっていたため、OCN光も同じく6ギガプランで比較!

ワイモバイルには6ギガプランがなかったため、9GBプランでの比較となります。

OCN光
×
OCN モバイル ONE
ソフトバンク光
×
ワイモバイル
ビッグローブ光
×
BIGLOBEモバイル
光回線の月額料金 マンションタイプ
3,600円~
ファミリータイプ
4,650円~
マンションタイプ
3,800円
ファミリータイプ
5,200円
マンションタイプ
3,980円
ファミリータイプ
4,980円
格安SIMの月額料金 音声通話SIM 6GB/月
1,980円
スマホプランM
(9GB▶12GB)
2,980円~
音声通話SIM 6ギガ
2,150円
割引額 -200円 -500円 -300円
合計
(ネット+スマホ)
マンションタイプ
5,380円~

ファミリータイプ
6,430円~
マンションタイプ
6,280円~
ファミリータイプ
7,680円~
マンションタイプ
5,830円~
ファミリータイプ
6,830円~

OCN モバイル ONEは「音声対応SIM」「SMS対応SIM」「データ通信専用SIM」の3つから選べるタイプとなっており、データ通信専用の場合 月額880円~とさらに格安料金なため、とことん料金を抑えたい方は必見ではないでしょうか。

ですがOCN モバイル ONEは料金プランがありすぎてよくわからないという方は、ワイモバイルならスマホプランS(3GB)・M(9GB)・R(14GB)とシンプルな料金プランでわかりやすいためおすすめです!

またBIGLOBEモバイルはドコモ回線のタイプDとau回線のタイプAとプランが2種類ありますが、ネットとスマホのセット割引「光☆SIMセット割」を適用するには、タイプDの6ギガ以上が対象となっています。

最安値の組み合わせ!OCN光とOCN モバイル ONEのセットがお得

今回比較した3社の中で最も料金の安いネットとスマホの組み合わせは「OCN光」と格安SIM・格安スマホの「OCN モバイル ONE」の組み合わせいう結果になりました!

やはりOCN光は光回線の中でも月額料金がリーズナブルなうえに、格安SIMも料金プランがたくさんあるため、料金を安くしたい方にはぴったりの組み合わせではないでしょうか。

OCN モバイル ONEの音声対応SIMの最安値の料金プランに契約した場合▼

月額料金
マンションタイプ ファミリータイプ
OCN光 3,400円~ 4,650円~
OCN モバイル ONE
音声対応SIM(1GB/日)
1,180円
OCN モバイル割適用 980円
合計 4,380円~ 5,630円~

OCNならこのようにネットとスマホの料金を毎月5,000円以下に抑えることもできますね!

そのため、料金を安く抑えるなら「OCN光」と「OCN モバイル ONE」が最もお得でおすすめです◎


マンションは建物によって通信速度が違う?

料金のお得さについては「OCN光」が納得の結果となりましたが、通信速度は一体どうなのでしょうか。

光回線の速度についても確認してみましょう!

実はマンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は、光回線の設備がすでに設置されている場合があります。

この場合、電柱から建物の共用スペース(MDF室)にすでに光ファイバー(光回線)がひきこまれているため、マンションタイプの方が光回線を申し込んだ場合、共用スペースから各戸に回線をひきこむ工事が必要となります。

そのため、マンションタイプは電柱⇒共用スペース⇒各戸に回線をひくので配線方式によっては通信速度が異なります。

戸建ての場合は電柱⇒自宅と直接光ファイバー(光回線)をひきこむため、比較的大がかりな工事になってしまいますが、通信速度は最大1Gbpsと高速通信のままインターネットが楽しめるのが特長です。

マンションの配線方式とは?

マンションタイプは共用スペースから各戸に回線をひく配線方式が「光配線方式」「VDSL方式」「LAN方式」の3種類ありますが、これらの配線方式は建物の設備上決められるため、配線方式を指定することはできません。

【マンションタイプの配線方式】
マンションの配線方式
配線方式 回線 通信速度
光配線方式 光ファイバー(光回線) 最大1Gbps
VDSL方式 電話回線 最大100Mbps
LAN方式 LANケーブル 最大100Mbps

このようにマンションなどの集合住宅にお住まいの方は、建物の設備上配線方式によっては通信速度が異なってしまうため、どうしても速い光回線がいい!という方は「NURO光」を検討してみるのもいいかもしれません。

NURO光は集合住宅の場合も、戸建てと同じように光回線を自宅に直接ひきこむため通信速度は最大2Gbps!

さらにNURO光は独自の光回線サービスを提供しているため、他の光回線よりも通信速度が速いのが魅力となっています。

そのため通信速度を求める方にはぴったりの光回線となっていますが、もちろん事前に建物の管理者(大家さんや管理人さん)に工事の許可をとる必要があります。

ですが、許可をとるのが面倒!または工事の許可がおりなかった!という場合は諦めるしかないのか?実はまだ可能性はあります!

試してみる価値あり?IPv6接続!

「通信速度が遅く快適に自宅でインターネットが楽しめない…」そんな時にぜひ試してみたいのが「IPv6接続」です!

従来の通信方式(IPv4/PPPoE)が混雑してきたため、新たな通信方式として登場したのがIPv6。

混雑を回避することでより快適なインターネットを楽しむことができるので、通信環境にもこだわりたい方は試してみる価値があるのではないでしょうか。

ただし、VDSL方式やLAN方式の場合、IPv6接続でも通信速度は100Mbpsが最大の速度となります。

またOCN光ならIPv6接続が標準機能として提供されているため、対応ルーターを自分で用意すればすぐにIPv6接続で快適なインターネットを楽しむことができるのでおすすめです◎

まとめ

料金が安くて通信速度が速い光回線について検証してきましたがいかがでしたか?

検証の結果「OCN光」ならお得で快適に自宅でインターネットを楽しむことができるのではないでしょうか。

またOCN光は公式サイトよりも代理店を通して申し込むと、加入特典でキャッシュバックなどを受け取ることができるため窓口選びも重要です♪

代理店の中でもとくにおすすめなのが老舗代理店「ブロードバンドナビ」。キャッシュバックの金額やキャンペーンの種類の多さは業界トップクラス!

さらにブロードバンドナビでOCN光を申し込むとこれらのキャンペーンに加え、IPv6対応ルーターがお得に手に入るキャンペーンも併用できるため、ルーターをお得にGETしたい方にもおすすめの窓口です。

OCN光のお申し込みはこちら