OCN光が未だに光回線NO.1で人気がある理由

OCN光は光回線のプロバイダとして、フレッツISDNや電話アナログ回線での接続で、インターネットが始まった初期より、プロバイダのOCNとして絶大な人気を誇り、未だに光回線では全国NO.1の会員数を維持している理由として考えられることをご紹介いたします。

OCNが人気がある理由として考えられること

OCNは日本一のバックボーンのプロバイダ

OCNは、日本一のバックボーン(IPネットワーク)を保有しており、他のプロバイダとは一線を画したプロバイダです。OCNの運営会社NTTコミュニケーションズはNTTグループのIPネットワークを管理している会社で、日本全国をインターネットでつないでいる設備を管理している会社と言っても過言ではありません。

他のプロバイダに関しては少なからず、NTTコミュニケーションズのネットワークを借用して運営しているというのが実情で、どのプロバイダもNTTコミュニケーションズなくしてはプロバイダとして体をなさないという関係性があります。

どの光回線のプロバイダも、公表されている最大速度はだいだい最大1G~2Gbpsで、実際に利用した時の速度は、地域や時間帯によって数Mから数百Mbpsの実測がネット上の評判やクチコミでは掲載されています。

地域の利用者の混み具合や時間帯によって、ユーザーごとに速度は変わっていますが、日本のIPネットワークの大元を管理するのに大きくかかわっているのはOCNであり、ネットワークの改善などもOCNが行っていると考えられ、安定したインターネット回線のプロバイダを選ぶとしたら、もともとそのネットワークを保有しているOCNが最善であるいうことが人気の理由としてもあげられると思います。

 

OCNの運営会社であるNTTコミュニケーションズのIPネットワークに関する情報

OCN20th
OCNトップページ。会員数No.1のインターネットプロバイダー、OCNのご案内。フレッツ光やモバイル、ADSLに対応した接続プランのほか、サポートサービスも充実。

 

KDDIの国内バックボーン情報

KDDI インターネットゲートウェイ: 海外ネットワークバックボーン | インターネット | 法人・ビジネス向け | KDDI株式会社
KDDIの「KDDI インターネットゲートウェイ: 海外ネットワークバックボーン」(帯域確保型インターネット) のご案内です。高水準なバックボーンの構築により、ビジネスに必要十分な帯域を確保することが可能です。

 

OCNはIPネットワークの設備情報を公開

OCNは通信速度に関わってくる設備の保守やサポート・増強・工事情報などもユーザーに公表している数少ないプロバイダでもあります。

どのプロバイダでも、通信設備に問題がでたり、地域ごとの加入者数が増えすぎることで、通信速度が遅くなることが考えられますが、OCNは増強工事・復旧工事などを公開しています。

OCN 光の工事・故障情報 | NTT Com お客さまサポート
NTTコミュニケーションズの「OCN 光」の工事・故障情報です。