OCNプロバイダの加入者数推移

人気のプロバイダであるOCNの光回線の会員数をまとめてみました。

OCNの運営会社のNTTコミュニケーションズ株式会社が提供するインターネット接続サービス「OCN」は、2018年12月25日にサービス開始から22年がたっています。

「OCN」は、1996年にNTT(日本電信電話株式会社)が提供を始め、その後1999年にNTTコミュニケーションズがサービス提供を引き継いで今にいたっています。

現在、光回線を中心としは固定回線とモバイル回線を合わせ約800万人の方が「OCN」のプロバイダを通じてインターネットを利用しています。

固定回線のうち光ファイバー回線によるインターネット接続サービス加入者数は日本最大となっています。

 

MM総研の加入件数調査(2018年3月末時点)

ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2018年3月末時点) « ニュースリリース | 株式会社MM総研
■ 2017年度のFTTH純増数は102.8万件、前年度比28%減で無線系へのシフトが影響■ NTTの光回線に占める光コラボの割合は54.1%■ 固定ブロードバンド市場でソフトバンクが首位■ 従来の固定回線を代替するワイヤレスが219万件となり、拡大傾向

 

2018年3月の調査では、ISP会員数のトップを維持していますが、ここ数年他社のプロバイダやモバイルブロードバンドにおされ、契約数が純減している状況です。

 

光ファイバーやADSLなどの固定回線の契約数

総務省|平成30年版 情報通信白書|提供状況